草野球の打順の決め方は?役割とデータから判断する方法を紹介

草野球の打順草野球
この記事は約4分で読めます。

4月は草野球シーズンがスタートする時期ですね。

今年からチームのキャプテンを任された人もいるのではないでしょうか。

今月中には練習試合を最低1試合はやっておきたいからまずグラウンドを確保しよう。

よし、ふだん練習に使っているグラウンドが確保できたから次は対戦相手探しだ。

お、相手チームから対戦OKの連絡きた!

さぁ、あとは試合の打順を決めれば準備完了だけど、実はこれが1番大変な仕事なんだよなぁ・・・

今回はそんなキャプテンのために草野球における打順の決め方について紹介します。

スポンサーリンク

草野球の打順の決め方は?

試合をするからには勝ちたいですよね?

勝つための打順で試合に望みたいですよね?

しかし、Aさんは上位打線はいやだと言ってたな、Bさんは盗塁はいやだと言ってたな、Cさんは3番以外は打ちたくない、などメンバーの意見を尊重することで揉め事を回避して打順を決めることも草野球では求められます。

さらに打順ごとの役割があり、過去の打撃成績をみながらその役割に相応しいメンバーを選ぶことで試合に勝てる打順を決めることができるようになります。

では打順ごとの役割についてみていきましょう。

草野球の打順の役割は?

1番

リードオフマンと呼ばれるように、出塁することが最優先。最低でもシングルヒットが打てる、四球を選ぶ選球眼をもつ。三振が少ない。出塁したら盗塁で次の塁を狙う。2塁から1打でホームに帰ってこられる足をもつ。

2番

ランナーを進塁させる右打ちができる。右打ちが苦手でもバントがうまい。フライを打ち上げることが少なく、凡打でもゴロが多い。単打しか打てなくてもOK。エンドランのような小技もできる器用さがある。盗塁も狙える足がある。三振が少ない。意外とチャンスにまわってくる。

3番

初回ランナーがいる場面で必ず打って得点してくれる。長打で複数得点を狙える。チーム1の打点をあげられる。チャンスに強いメンタルをもつ。盗塁して4番の1打で得点できる足がある。

4番

全力モードのピッチャーにびびらない強いをメンタルをもつ。ほぼ単打だが、たまに長打もあって複数得点も期待できる打力がある。ホームランなし、盗塁できなくてもOK

5番

単打、長打関係なく強い打球が打てる。メンタルも強い。長打が多い。盗塁できるとなお良い。

6番

クリーナップあとで、ピッチャーも少し力を抜くことが多いので、プレッシャーなく気楽に打てる打順。長打があって、得点チャンスに強く、盗塁はできるのが良い。

7番

得点圏で打席が回ってくることが多い。いきなり長打を打ったりなど意外性のあるバッターが好まれる。長打もあり、外野犠牲フライが打てると良い。

8番

打席数をなるべく少なくし、体力温存してほしいピッチャーが好ましい。盗塁はせず、打順上位につなげるバッティングができると良い。

9番

1番につなげるバッティングができる。フライよりゴロが多い。四球を狙える選球眼をもち、盗塁もできて、エンドランなど小技もできる、第2の1番バッターとも呼ばれる。

スポンサーリンク

草野球の打順を判断するデータは?

過去の打撃成績データをみることで、メンバーごとの特徴がわかり、打順を決めるときの参考にできます。

例えば、

四死球が多い => 選球眼がよい。出塁率がよい。長打は望めない。

打点が多い => 得点圏で打つ可能性が高い。チャンスによくまわってくる。

得点が多い => 出塁率がよい。

盗塁が多い => 足が速い。

犠飛が多い => 外野フライが打てる。

安打数が多い => 打率がよい。出塁率がよい。

2塁打以上がない => 長打が打てない

三振が多い => 積極性が高い。選球眼が弱い。打ち気が強い。

など、データからさまざまなことが読み取れます。

わたしのチームのキャプテンによると、打順を決めるときは主に出塁率、打率、長打率、盗塁数、で決めているそうです。

ほかのチームのキャプテンにきいてみると、単打しか打てないが盗塁できる人の次に、長打を期待できる人をおくことで、ランナー2塁から1打得点できるチャンスを常に狙える、という考えで打順を決めているとのことでした。

草野球で、とくに3部レベルだとホームランバッターはほぼいないので、いかに打線をつないで得点できるかが試合の勝敗を分けるので、試合に勝てる打順を決めることはとても重要です。

まとめ

今回は草野球の打順の決め方について紹介しました。

打順ごとに役割があり、過去の打撃成績データによって役割に相応しいメンバーを見つけることで、試合に勝てる打順を決めることができます。

打撃成績なんてとってないよー、というチームならぜひ次の試合から記録するようにしてみてはどうでしょう。

記録できたら見直して、そのまた次の試合の打順を決めるときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
草野球
この記事が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!
フォローしていただけると嬉しいです!
ミッシェル

ブログ管理人のミッシェルです。

子育て中の主婦目線で日々の生活、イベントや旅行について役立つ情報を発信するように心がけています。

旦那が趣味でやってる草野球や、わたしも始めたゴルフ記事もアップしてますよ。

よろしくお願いします^^

フォローしていただけると嬉しいです!
トレンディスカバー

コメント