ゴルフのショートコース 服装と必要なものとマナーを紹介

ゴルフゴルフ
この記事は約8分で読めます。

打ちっぱなしの練習で自分のスイングもできるようになってきたし、そろそろコースデビューしたいなぁと思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

いきなりコースにでて上手い人と一緒にラウンドするのはやっぱり緊張する・・・

そんな人にショートコースのラウンドをオススメします。

ショートコースでのラウンドは、運転免許に例えると、教習所の練習を終えて、実際の道路で運転する仮免許のようなものです。

今回はそろそろコースデビューを考えているあなたのために、ゴルフのショートコースとはどんなものか、ショートコースの服装や必要なものは何か、ショートコースでのマナーについて紹介します。

この記事を読み終えると、ゴルフのショートコースに行きたくなりますよ。

スポンサーリンク

ゴルフのショートコースとは?

通常コースは全18ホールのところ、ショートコースは全9ホールのところが多いです。

パー3やパー4で構成されていて、ピンまで90ヤード~150ヤードと距離が短いのが特徴です。

フェアウェイ、ラフ、バンカー、ハザード、OBがあるのは通常コースと同じです。

通常コースは休憩時間含めて6時間ほどかかりますが、ショートホールは休憩時間含めずに1時間半から2時間でまわれます

料金も2000円~でまわれるところが多いです。通常コースとは違って、予約なしでプレイできるとショートコースもあります。

予約なしで行って順番を待つことになったとしても、天然芝のアプローチ&パター練習場が併設されていることが多いので、ラウンド開始までそこで練習することができます。

ショートコースのプレイヤーはゴルフ初心者、家族連れ(夫婦)や学生が多いので、通常コースに比べて気軽にプレイできるのもメリットです。

打ちっぱなしは人工芝マットの上から打ちますが、ショートコースだと天然芝の上から打つことができます。

天然芝で打つことによって、打ちっぱなしではわからなかった自分のスイングの悪い点がはっきりとわかります。

打ちっぱなしでの練習と違って、同じクラブを何度もスイングして打ち直すことはできず、1打1打が失敗できないショットになるので、スイングごとに緊張感が生まれます。

ボールのある場所(フェアウェイなのか、ラフなのか、バンカーなのか、グリーンなのか)やピンまでの距離によって、選ぶクラブ、スイング幅(フルスイングなのか、ハーフスイングなのか)も変わってくるので、アイアンとウェッジの使い方、パターの打ち方を練習できます。

打ちっぱなしで7番アイアン(または1番練習して得意なアイアン)で距離は関係なく10球中5球くらいまっすぐ打てるようになったら、ショートコースデビューしてもいいんじゃないかと、わたしは思います。

ちなみにわたしは、打ちっぱなしデビュー前にカナダでショートコースデビューした例外者ですが、一緒にプレイしたゴルフが上手い父に1打ずつアドバイスをもらいながら、後ろの組を待たせることなくホールアウトした記憶があります。

ゴルフのショートコースの服装とは?

ショートコースにも通常コースと同様にドレスコードありのゴルフ場があるようですが、わたしがよく行くショートコースは特にありません。

夏場の服装

わたしは襟付きポロシャツとストレッチ素材のカラージーンズ、ゴルフシューズでラウンドしています。

「ユニクロ」や「しまむら」などファストファッションブランドの服装でも問題ありませんが、普段使いの服と分けたかったり、ゴルフに合う服装を考えるのが面倒だったりしたら、ゴルフ専用の服装を用意しておけばよいです。

ゴルフウェアは価格が高めですが、ゴルフに行く頻度を考えれば、数年は使えるので決して高い買い物ではないと思います。

ゴルフというスポーツに特化しているので、速乾性や紫外線ケア、通気性も高く、夏場のラウンドも快適です。

例えば、有名スポーツ用品ブランドの1つであるルコック(le coq)のゴルフウェアは機能性だけでなくデザインもお洒落で、ゴルフ初心者の間でも人気なんです。

夏場は光を遮るだけのサンバイザーではなく、日焼け・熱中症予防になるキャップ(野球帽)もあると安心ですよ。

冬場の服装

わたしは長袖の襟付きシャツにウインドブレイカー、チノパン、ゴルフシューズでラウンドしています。

足元は底が平らなスニーカーでもいいですが、冬場は足元が凍っていて、ショットのときに踏ん張れなかった経験があるので、わたしはショットの安定性を求めてゴルフシューズを履きます。

ルコックの秋冬ゴルフウェアだとこんなお洒落なものがありますよ。

ドレスコードが不明なときは、ラウンド前にゴルフ場に確認しておくことをオススメします。

ゴルフ場に確認できないときは、チノパンと襟付きのポロシャツ、底が平らなスニーカーなら問題ないかと思います。

ゴルフのショートコースに必要なものとは?

通常コースと比べてピンまでの距離が短いので、アイアン数本、ウェッジ数本、パターがあれば問題ありません。

わたしの場合、最長150ヤードほどのショートコースには、7番アイアン、9番アイアン、ピッチングウェッジ、サンドウェッジ、パターの5本を小さくて軽いクラブケースに入れてもっていきます。

ショートコースに持っていくクラブ
  • 7番アイアン
  • 9番アイアン
  • ピッチングウェッジ
  • サンドウェッジ
  • パター

クラブのほかに、ゴルフシューズ、ゴルフボール1ダース(12個)、ゴルフ用手袋、ティー10個、マーカー1個、タオル2枚(汗拭き用、クラブ拭き用)、日焼け止め、冷却スプレー、着替えもクラブケースとは別のバッグに入れてもっていきます。

ショートコースに持っていくもの(クラブ以外)
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフボール(12個)
  • ゴルフ用手袋(左手用)
  • ティー(10個)
  • マーカー(1個)
  • タオル(2枚)
  • 日焼け止め(夏場)
  • 冷却スプレー(夏場)
  • 着替え

ショートコースの場合だと、ラウンド前にゴルフバッグをゴルフ場に送っても受け取ってもらえないことが多いです。

ゴルフバッグ以外にも持っていくものは多いので、できれば電車ではなく車に荷物を積んでゴルフ場に行くことをオススメします。

スポンサーリンク

ゴルフのショートコースのマナーとは?

何分以内に各ホールを終えなければならないというような時間制限はありませんが、前の組と自分の組の間があいて、後ろの組がすぐ後ろに迫って迷惑をかけそうなら、次のホールを先にプレイするように順番を変わってもらうことも考えておきます。

わたしも含めて初心者3人でショートコースに行ったときは、後ろの組に追いつかれないように、パー3のホールで6打でカップインしなければそのホールはそこで終わり、次のホールに行くと決めてプレイしてました。

ショートコースはコースとコースが隣接していて、コース外の右や左に打ち損じると簡単に隣コースにボールが飛んでいってしまうので、すぐに「ファーーーー!!!」と叫んで、隣コースのプレイヤーに危険を知らせるのも大事です。

前の組がグリーン上でプレイしているときは、グリーンへ向かって打つと人に当たって危険なので、グリーン上から誰もいなくなるまでショットは待ちます。

ティーショットを打ったら、1人用手押しカートをボールが飛んだ場所の近くまでカート道上を押していって、必要だと思われるクラブ3本をもってボールまで走っていきます。

例えば、ボールがある場所がラフっぽかったら、高いボールが打てるピッチングウェッジ、サンドウェッジ、9番アイアンをもって、ラフの深さなどボールの状態によっていずれかのクラブで2打目を打ちます。

グリーン近くまでいったら、アプローチ用のピッチングウェッジとパターの2本をもってボールの場所へ急ぎます。

グリーンにのったらパター1本もってパットに集中です。

3パットでカップインできなければ、そのホールのプレイは終了させます。

クラブを持ったまま走ってカートを取りに行き、次のホールへと急ぎます。

初心者のうちは移動だけでヘトヘトになって、ショットするときも落ち着けなくて、飛距離も方向もだめだめな打球が増えますが、ショートコースを何度もラウンドしているうちに慣れてきます。

飛距離も方向も安定してくると、移動で疲れることもなく、ショットも落ち着いて打てるのでスコアも上がってきて、ゴルフがもっと楽しくなってきますよ。

まとめ

打ちっぱなしで得意なクラブができたら、迷わずショートコースデビューです。

自然の心地よい風を感じながら、天然芝の上から打つショットは本当に気持ちいいのでぜひご自身で体験してくださいね。

ショートコースでアイアン、ウェッジ、パターの練習を積んで、打ちっぱなしでドライバーやスプーンなどウッドの練習を積んだら、通常コースデビューもそこまで緊張しません。

人生初のゴルフのショートコースを思いっきり楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメント