夏ゴルフの熱中症対策で役立つグッズと効果的な水分の取り方とは?

ゴルフ場ゴルフ
この記事は約5分で読めます。

夏の暑い季節、楽しくゴルフをプレイしている最中、突然倒れて意識不明になり、そのまま亡くなってしまった人もいるそうです。

自分は大丈夫だと油断していると、本当に大変なことになりかねません。

あなたの1番大切な人を悲しませないよう、夏のゴルフを安全に楽しむための熱中症対策についてみていきましょう。

スポンサーリンク

夏ゴルフの熱中症対策でおこなうことは?

ドレスコードに問題がないからといって、暑すぎるからといって、半袖シャツやハーフパンツでプレイすることはとても危険です。

強力な日焼け止めもつけたし大丈夫!と思われるかもしれませんが、衣服で肌を隠すことに比べれば、日焼け止め効果も限定的だといえます。

夏場のゴルフの服装で最も大事なことは肌の露出をできる限り少なくすることです。

ですので、長袖シャツとロングパンツが基本。

ハイネックで長袖のアンダーウェアで腕と首も隠せるとよいですが、どうしても着たくないというなら、ネックカバーとアームカバーで代用することもできます。

こうすることによって、紫外線による皮膚がん、日焼けによる体力の消耗および体の火照りを予防することができます。

汗をかいてべとっと体に張り付く生地は着心地が悪く、日陰では寒くて風邪をひくこともあるので、通気性がよく、速乾性に優れて着心地の良い体温調節機能があるウェアがオススメです。

紫外線から目を守るため、プレイする視界に影響がないゴルフ用サングラスもあると良いでしょう。

ゴルファーがよく着用しているサンバイザーは光を遮ることしかできず、頭頂部が露出して頭に熱がこもってしまい、熱中症対策としてあまり効果がないのでキャップ(帽子)をかぶります。

両手にゴルフ用手袋を使うか、片手のみの場合は手袋をつけていない手には必ず日焼け止めを使うようにします。

服装以外にも、次のことを実践できれば熱中症になるリスクを減らすことができます。

  • ラウンド当日、気温が35度以上ある(猛暑日)ならキャンセルする。
  • ラウンド中はなるべく日陰を歩く。
  • 乗用カートを使う。(なるべく歩かない)
  • 急いでいても走らない。速歩き程度におさえる。
  • 利尿作用があるビールは体内の水分を失う原因になるのでラウンド中は飲まない。

ゴルフの熱中症対策に役立つグッズとは?

熱中症対策にはさまざまなお役立ちグッズがありますが、ネッククーラーや水を染み込ませて使うキャップ(帽子)は冷却効果が長時間続かないため、あまり効果がありません。

わたしはいつも体温を下げる冷湿布や冷却シートを体に貼り付けて、さらにズボンのポケットに保冷剤を入れています。

ちょっと荷物になるかもですが、ペットボトルが5本くらい入る小さめのクーラーボックスに、ふつうの水を入れて冷やしたペットボトル、保冷剤を100均の保冷バッグに入れてそのなかに冷やしたおしぼり、氷が入った氷のう(アイシングバッグ)を入れてもっていくこともあります。

スポンサーリンク

ふつうの水が入ったウォーターボトルは顔や首、腕や太ももに直接かけてつかう水浴び用です。ゴルフコースのレストランで氷水をもらえることがあるので、足りなくなりそうならお願いしてみるとよいでしょう。

冷やしたおしぼりと氷が入った氷のうは、後頭部と首筋に適度にあてて体の熱をさますのに使います。

おしぼりを使って冷たくなくなってきたら、氷をつくるスプレー(例えばアイスノン)をおしぼりに吹きかけて、次回使うときのためにクーラーボックスに入れておきます。

氷のうの氷がなくなりそうなら、ゴルフコースのレストランに氷のうを持っていくと無料で氷をもらうことができます。

熱中症対策として効果的な水分の取り方とは?

熱中症対策で大事なことは、水分を補給するだけでなく、塩分も補給することです。

汗をかくことで体内の水分だけでなく、塩分やミネラルを失っています。

この状態で水分だけを補給すると、体内の塩分やミネラルの濃度が低くなり、熱中症の発症につながってしまうこともあるので注意しましょう。

水分と塩分をあわせて補給するには、塩分やミネラルの吸収を促進する糖分も含むポカリスウェットなどのスポーツドリンクがオススメです。

スポーツドリンクのあの甘さが苦手な人はミネラル豊富な麦茶でもかまいません。

飲むタイミングとペースがとても大事で、ラウンド開始30分前からちょびちょびと飲みます。

喉の乾きに気がついてから飲むのでは遅すぎるので、喉が渇いてなくても飲んでください。

わたしの場合、ハーフ前半で1リットル、ハーフ後半で1リットルのドリンクを準備して必ず飲み干すようにしています。

以前は氷のう代わりに使えるかなぁと思ってペットボトルを凍らせてもってきていたのですが、溶けるのがゆっくりの上、最初に溶け出してくるのは味が濃いもので、あとになればなるほど味のしない水だけが残ってしまって美味しくないので止めました。

暑い日のビールは最高!なのですが、利尿作用があり、何度もトイレにいって体内の水分が失われていくのでラウンド後まで我慢したほうが無難です。

わたしのラウンド後は、疲労回復に効果的なキリートレモンなどクエン酸を含んだドリンクを飲むようにしています。

ビールを飲むのは帰宅してからの楽しみにとってます。

まとめ

夏の暑い季節、炎天下の中、降り注ぐ太陽の光を浴び続けてプレイするのがゴルフです。

これからの人生もゴルフを楽しみたいのなら、熱中症は死に至るかもしれない怖いものだと理解して、夏場のゴルフはしっかり熱中症対策をした上でプレイするようにしましょう。

万が一、熱中症の疑いがあればすぐプレイを中断し、病院で医師に診断してもらうようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント