千光寺公園桜 見頃やライトアップや混雑は?

花見
この記事は約6分で読めます。

尾道にある千光寺公園は広島県内でも有数の桜の名所です。

約20種類1500本程の桜を有し、日本さくら名所100選にも選ばれている公園です。

日本さくら名所100選とは

1990年に「公益財団法人日本さくらの会」が選定、顕彰し、名所の保存、育成に努めている場所です。

広島県内外からの観光客がたくさん訪れる千光寺公園は桜だけでなく、夜景も有名なスポットなので、昼だけでなく夜も楽しめますよ。

今回は千光寺公園のお花見を考えているあなたのために、桜の見頃やライトアップ、混雑状況について紹介します。

スポンサーリンク

千光寺公園の桜

会場

住所 広島県尾道市西土堂町19−1
電話 0848-36-5495
開場時間 24時間
料金 無料
駐車場70台
普通車600円

桜の時期は、千光寺公園グラウンドに約200台分、
北側のドライブウェイ登り口付近に約100台分の
臨時駐車場が利用可能

千光寺公園桜の期間

第14回おのみち俳句まつり2020年3月14日(土)〜4月12日(日)まで

※2020年は新型コロナウイルスの影響で、イベントが中止になる事がありますので、行かれる際は、直接現地にお問い合わせください。

千光寺公園桜の見頃

例年4月上旬ですが、2020年の見頃は早めになることが予想されます。

500個ほどあるぼんぼりの幻想的なライトアップがあります。

ライトアップ期間

2020年3月14日(土)〜4月12日(日)18:00〜翌朝6:00

おすすめスポット

千光寺公園内展望台はほぼ360度、尾道の景色を眺める事ができ、高台から望む桜と尾道水道のコントラストは絶景です。

頂上の売店では瀬戸内みかんソフトを楽しめます。

駐車場から頂上までの遊歩道は石畳で、クネクネと曲がりくねった桜並木のトンネルは、雨でもライトアップがきれいに映えます。

千光寺公園には「猫の細道」と呼ばれる道もあることから、猫と桜のコントラストも楽しめ、猫好きにはたまらないスポットです。

子供と一緒に猫を探しながらのお花見も楽しそうですよね。

千光寺公園桜の混雑

休日の朝9時で一番上の駐車場は満車となっているほどの混雑で、ライトアップも堪能できる素敵な公園のため、夜間も駐車場は混んでいます。

お花見期間の週末は一部交通規制がかかるほどです。

お花見シーズンは市街地の駐車場も満車となり、駐車できない可能性もあるため、公共交通機関を利用したほうがよいです。

25人ほど乗れるロープウェイは通常15分間隔で運行していますが、お花見期間などの混雑時期には臨時運行もしています。

ロープウェイからも桜を見られるので、乗り物好きの子供連れなら乗るだけでも楽しめそうですよね。

ただし、休日はロープウェイの待ち時間が1時間以上になることもあるので、朝早く行くのをおすすめします。

千光寺公園桜のクチコミ

悪い感想
  • 山頂の駐車場が相当混雑し、1時間以上待つことがあります。
  • 桜は山頂を中心に広く咲いており、大変見応えがありますが、坂道が多いのでベビーカーや車椅子の人は大変ですし危ないので注意が必要です。
  • 坂がキツく、歩き疲れました。
  • ロープウェイに乗るにも階段があるので、ベビーカーや車椅子の人向けではありません。

乳幼児連れの人は朝早くに車で行くか、抱っこ紐で行った方が良さそうですね。

良い感想
  • 高台にあるため眼下に尾道の景色を眺めることができ、露店もたくさん出ていて活気があります。
  • 千光寺公園の展望台からの景色は素敵で、薄ピンクの桜、周囲の木々の緑、瀬戸内海、島々、街そして船とそのマッチングは最高なものでした。
  • 高台から見下ろす尾道水道の絶景と桜のコラボレーションは一見の価値ありです。
  • 桜爛漫でロープウェイの往復だけでも楽しめます。
  • 横溝正史の「獄門島」やNHKの「てっぱん」等映像露出も多く、「文学の小径」等もあり、多くのお寺の施設を抜けながらの下山の道が楽しい桜名所でした。
スポンサーリンク

千光寺公園とは

【おのなび動画】002.千光寺公園【広島県尾道市】

千光寺公園の歴史

1894年、四国・阿波国生まれの三木半左衛門により、「共楽園」の開発が始まり、その後、尾道市が開発を引き継いで1905年に完成し、名前も「共楽園」から「千光寺公園」に改められました。

園内には「尾道市立美術館」や「文学のこみち」などもあり、山頂の展望台からは、尾道市内が一望できるほか、瀬戸内海の島々が眺められ、天気が良ければ四国連山も遠くに望むことができます。

山頂駅から5分ほど歩いたところにある千光寺は、尾道港を一望する大宝山の中腹にあり、806年、弘法大師による開基で中興は多田満仲公と伝えられています。

交通アクセス(行き方)

住所 広島県尾道市西土堂町19−1
電話 0848-36-5495
営業時間 24時間
定休日無休

電話応対:
平日8時30分〜17時15分
料金 無料
駐車場70台
普通車600円

桜時期の臨時駐車場:
千光寺公園グラウンドに約200台分
北側のドライブウェイ登り口付近に約100台分

電車

  • JR尾道駅よりバスで約5分「長江口」下車、そこから千光寺山ロープウェイで約3分「山頂駅」下車
  • JR尾道駅より徒歩で約15分、そこから千光寺山ロープウェイで約3分「山頂駅」下車

  • 山陽道尾道ICから約20分
    国道184号線→県道363号→千光寺山ドライブウェイ
  • 山陽道福山西ICから約15分
    国道2号線バイパス→県道363号→千光寺山ドライブウェイ

車両の進入ができるのは駐車場までで、「頂上展望台」や「千光寺」には駐車場から徒歩で5〜10分くらいかかります

まとめ

千光寺公園桜を訪れたら寄ってほしい周辺情報、グルメ情報など関連記事も書いています。

あなたの役に立つと嬉しいです。

スポンサーリンク
花見
この記事が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!
フォローしていただけると嬉しいです!
ミッシェル

ブログ管理人のミッシェルです。

子育て中の主婦目線で日々の生活、イベントや旅行について役立つ情報を発信するように心がけています。

旦那が趣味でやってる草野球や、わたしも始めたゴルフ記事もアップしてますよ。

よろしくお願いします^^

フォローしていただけると嬉しいです!
トレンディスカバー

コメント