残暑見舞いで引越しと出産を知らせる?誰に出す?はがきの書き方は?

残暑見舞い残暑見舞い
この記事は約4分で読めます。

8月はまだまだ残暑が厳しい季節ですね。

今年に入ってお子様が生まれた方、ご出産おめでとうございます。

ご親戚やご友人に出産報告されましたか?

出産前に新居へ引越しされて、そのことも合わせて残暑見舞いで報告する人も多いと聞きますが、引越し報告、出産報告は分けて出すべきだという意見もあります。

その辺りがわたしも疑問だったので今回調べてみました。

スポンサーリンク

残暑見舞いで引越しと出産を知らせる?

引越しと出産の報告も兼ねた残暑見舞いを出すことは問題ありません。

引越しに出産の報告、残暑見舞いを分けて書くのは大変ですよね。

引越しはがき、出産報告はがき、残暑見舞いはがきが同じ時期に届いたら、わたしなら「返事どうしよう・・・」と困ってしまいます。

出産は祝い事で、出産報告を受け取った相手にお祝いの催促をされていると感じる人も多いので、「お祝いは不要ですよ」という意味も込めて、季節の挨拶状である残暑見舞いで知らせるのがお互いにとって良いと思います。

暑中見舞いや残暑見舞いを出す習慣がない人は、年末まで待って年賀状で引越しと出産について書くのもありです。

年賀状には赤ちゃんと一緒に写っている家族写真を印刷するとよいですよ。

年内に不幸があって喪中で年賀状を出さないことになったら、喪中ハガキをまず出して、別に寒中見舞いハガキを用意してそこに引越しと出産の報告を書けば問題ありません。

残暑見舞いは誰に出す?

両親、義両親、兄弟、義兄弟、親戚、会社の人、友人、お世話になった人など誰に出しても構いません。

引越しだけ報告したい人、引越しと出産の両方報告したい人、と分けて残暑見舞いで出すなら、手間ですが引越し報告を兼ねた残暑見舞い、引越しと出産報告を兼ねた残暑見舞いの2パターン用意する必要があります。

わたしなら引越し報告ハガキと、引越しと出産報告を兼ねた残暑見舞いハガキを用意します。

引越し報告ハガキは、年賀状だけの付き合いをしている人へ出します。

引越しと出産報告を兼ねた残暑見舞いは、会う機会が少ない親戚、友人、会社の上司や同僚、お世話になった人へ出します。

引越し報告を兼ねた残暑見舞いと出産報告ハガキにすると、相手にお祝いの催促だと勘違いさせる可能性があるのでやりません。

残暑見舞いはがきの書き方は?

残暑見舞い専用でくじ付のハガキ「かもめ~る」が望ましいですが、通常ハガキ(切手を貼る位置に絵と料金が印刷されている)でも問題ありません。

残暑見舞いで引越しと出産を目上の方へ報告するならこんな感じの文章になります。

残暑お伺い申し上げます

炎暑ことのほか厳しいなか、いかがお過ごしでしょうか

◯月◯日に◯◯(子供の名前)が生まれて家族が増えました。

夫にも子育てを手伝ってもらいながら日々過ごしています。

先月から新居での生活も始まり、心機一転頑張っています。

近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

まだまだ厳しい暑さが続くようなので、お体気をつけてください。

今年も健康で楽しい日々の連続となりますように

令和◯年 晩夏

〒xxxx-xxx
◯◯県△△市□□町1-11-1
鈴木 一郎
   花子

親しい友人ならもう少し柔らかい文章のこんな感じですね。

残暑お見舞い申し上げます

暑さもいよいよピークですね。

◯◯(友人の名前)のことだから暑さに関係なく元気にやっていることと思います。

◯月◯日に長女△△(子供の名前)が生まれました。

子育ては予想以上に大変だけど、△△の寝顔をみてると癒やされます。

子供が生まれたことを期に◯◯から□□へ引っ越しました。

近くにくることがあればぜひ子供の顔を見に来てくださいね。

暑さはもうしばらく続くようなので、体には十分気をつけて。

また会えるのを楽しみにしています。

令和◯年 立秋

〒xxxx-xxx
◯◯県△△市□□町1-11-1
鈴木 一郎
   花子

暑中見舞いハガキに印刷する写真は、子供も一緒に写っている家族写真だと、子供が生まれたことが一目でわかるのでおすすめです。

新しい住所も文章より少し大きめのフォントにすると、住所変更が伝わりやすいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

お祝いを催促していないことを暗に伝えつつ出産報告したいなら、残暑見舞いのような季節の挨拶状と兼ねて出すのがベストです。

残暑見舞いは誰に出すべきという決まりはありません。

最近引っ越したなら、引越し報告も兼ねた残暑見舞いも問題ありません。

目上の方へ出すなら、挨拶に「残暑お伺い申し上げます」を使うこと、誤字脱字がないことだけを気にして、あとは相手に伝えたいことを思いのまま綴ればいいと思います。

今年の夏も暑さに負けず、元気に秋を迎えたいですね!

スポンサーリンク
残暑見舞い
この記事が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!
フォローしていただけると嬉しいです!
ミッシェル

ブログ管理人のミッシェルです。

子育て中の主婦目線で日々の生活、イベントや旅行について役立つ情報を発信するように心がけています。

旦那が趣味でやってる草野球や、わたしも始めたゴルフ記事もアップしてますよ。

よろしくお願いします^^

フォローしていただけると嬉しいです!
トレンディスカバー

コメント